ビジネス向け動画配信システムHowtoガイド

ビジネス向け 動画配信システム How to ガイドビジネスシーンで動画配信システム導入のすすめ

  • 注目 最適な動画配信システムがわかる診断テスト
  • 最速で動画を拡散したい場合はこのシステム
  • 社内・顧客への限定配信をしたい場合はこのシステム
  • 大規模な動画を配信したい場合はこのシステム

あなたの会社に最適な動画配信システムを診断

最適なのはどれ?動画配信システムの診断テスト商品やサービスの広報、社内での情報共有など、様々な目的で動画配信システムを導入しようと考える、各企業担当者の方へ。このサイトでは、目的に合致した動画配信システム選びに役立つ情報をまとめています。

ビジネス目的の動画配信を行う場合、「無料配信サイト」「小~中規模向け」「大規模向け」の3タイプから選択することができます。どのタイプが最適か、まずは診断をしてみましょう。

質問を読み、当てはまる項目にチェックを入れてください

1:動画配信システムに詳しい? 詳しい 詳しくない
2:予定している1ヶ月あたりの予算は? 0円 3万円~ 10万円~
3:配信範囲は? 社内向け 特定の顧客向け
不特定多数向け
4:どんな動画を配信する? 短い動画をたくさん 長い動画を少数
長い動画をたくさん
5:セキュリティは重視する? 重視する 重視しない
6:サポートは必要? 必要 必要ない
専属の担当者が欲しい
7:自社専用の動画配信サイトが欲しい? 必要 必要ない わからない
8:閲覧履歴や視聴者管理は必要? 必要 必要ない わからない
9:動画を販売する予定はある? ある ない わからない
10:ライブ配信をする予定はある? ある ない わからない

 

 

無料の動画配信システム

ネット動画の象徴的存在、YouTubeを企業が商用で利用する際の動画配信システムとしての特徴や注意点などを紹介不特定多数への配信や、とにかく素早く、手軽に動画を拡散したい場合におすすめなのが、無料の動画配信システムです。

ユーザー登録をするだけで、すぐにでも手元にある動画を配信できます。その動画が魅力的であればあるほど、動画を見た人たちがSNSなどを使って情報を拡散してくれます。

そうすることでコストや時間をかけることなく、自社の製品やサービスをPRできるのです。また、動画配信サイトから自社サイトへの流入も見込めます。

一方で、無料の動画配信システムは、配信対象を制限できないという側面があります。一度アップロードした動画は世界中のあらゆるユーザーの目に触れるので、特定のユーザーだけに向けた情報発信をしたい場合には不向きです。

また、アップロードした動画を簡単にコピーされてしまう点や、閲覧したユーザーを管理できない、動画自体の販売には制約がつくといった問題もあります。

このタイプのおすすめサービスはYouTubeです。世界でも影響力の強い動画配信サービスなので、一般公開しても差し支えない動画をトライアル的に配信する際にはとても便利です。

YouTubeの公式サイトを確認する
Youtubeの詳細情報を確認する

小~中規模の法人向け動画配信システム

企業用途に適した多様な機能を持つ動画配信システム、クラストリームのプランや費用、導入事例などを紹介必要最小限のコストで、限られたユーザーに配信したいといった場合、このタイプの動画配信システムがおすすめです。

システムを提供している業者にもよりますが、初期費用は無料~5万円程度、月額料金も3~5万円程度のサービスが一般的。会員だけに限定配信したり、動画そのものの販売機能が使えるなど、活用法はさまざま。複製防止策もしっかりしているので安心です。

社員の研修教材や顧客向けの有料セミナー、社内イベントのライブ配信、各種会合への利用が適しています。

一方でこのタイプは、視聴するユーザーが増えるほど費用がかさむというデメリットがあります。また、ライブ配信や課金機能などがオプションとなっていることが多く、結果的に大きなコストがかかってしまうことがあります。

小~中規模の動画配信でおすすめのサービスはクラストリームです。初期費用0円月額3万円の低料金ながら、ライブ配信や課金機能を標準装備しています。さらに、専門的なスキルがなくても運用できるため、専任の担当者を選定・雇用する必要もありません。

クラストリームの公式サイトを確認する
クラストリームの詳細情報を確認する

大規模の法人向け動画配信システム

日本の動画配信システムの第一人者、Jストリームの料金プランや特徴、導入事例などを紹介多少のコストは覚悟の上で、大規模な動画配信をしたい場合には、このタイプの動画配信システムが最適です。

大規模配信を得意とするだけあって、用途に合わせたさまざまなプランが用意されています。安ければ10万円程度で始められますが、その場合はライブ配信などの機能が別料金になる場合もあるので、事前に確認が必要です。

大量のPR動画を配信したり、動画プレイヤーのカスタマイズをする場合におすすめです。

デメリットは価格。ユーザーを増やしたり、機能を拡張していくと、月額料金だけで10万円以上かかってしまいます。また、課金機能や限定配信機能が追加オプションのこともあるので、契約前によく確認しましょう。

大規模な動画配信システムのおすすサービスは、Jストリームです。ライブイベントの相談にも応じてくれるなど、配信の用途によって多彩なプランを選べます

多くの配信実績を持っているので安心して任せられますね。

Jストリームの公式サイトを確認する
Jストリームの詳細情報を確認する


このように動画配信システムは、規模や機能がそれぞれ違い、適した用途や配信範囲、利用料金も大きく変わってきます。

動画配信システムを導入する際には、用途やコストパフォーマンス、また、そのサービスでできることなどの細かい条件を一つ一つ確認することが大切です。

※このサイトは独自に収集・調査した情報から作成・公開しています。
詳細な費用や機能・サービスについては各サービスの公式サイトで確認してください。

 
ビジネス向け動画配信システムHowtoガイド