ビジネス向け 動画配信システム How to ガイドビジネスシーンで動画配信システム導入のすすめ

  • 注目 最適な動画配信システムがわかる診断テスト
  • 最速で動画を拡散したい場合はこのシステム
  • 社内・顧客への限定配信をしたい場合はこのシステム
  • 大規模な動画を配信したい場合はこのシステム
HOME » 【法人向け】大規模の動画配信システム3選 » Jストリーム

Jストリーム

日本の動画配信システムの第一人者、Jストリームの料金プランや特徴、導入事例などを紹介します。

Jストリームの動画配信システムとしてのプラン概要

日本の動画配信システムの第一人者、Jストリームの料金プランや特徴、導入事例などを紹介Jストリームの料金設定と主な特徴を以下に紹介します。

■Jストリームの主な料金プラン

  • プラン名/EQ Marketing
  • 初期費用/50,000円
  • 月額費用/100,000円
  • 容量/1,000GB
  • 配信方式/録画配信

■Jストリームの主な特徴

  • PC/タブレット/スマートフォンのマルチデバイスに対応
  • ドメインやIPアドレスにより視聴制限が可能
  • 動画視聴用のQRコードを自動作成
  • 取引先に動画配布できるAPIを用意
  • 標準で大規模なストリーミングCDN配信に対応

■Jストリームの主なプラン(マーケティングコース)でできること

ライブ配信 録画配信 限定配信 会員管理 視聴権限 課金機能 登録ID
× × × 不明

同社は日本国内で動画配信ソリューションを90年代後半から提供している老舗企業。動画配信システムも400社以上の導入実績があります。

ライブ配信は別プランで対応、携帯電話への対応はオプションで可能となります。上で紹介した基本プラン以外にも用途や規模に合わせて多種多様なソリューションを提供しているので、要件が複雑な案件でも頼りになる存在です。

また、動画広告のマネタイズ機能や、部署ごとのアカウント権限設定などが行えるさらにワンランク上のプランもありますが、そちらは決まったパッケージなどはなく、問い合わせをしたうえでのカスタマイズとなるようです。また、月額費用なども不明となっています。

動画配信システム、Jストリームの導入事例

■業務機器メーカーによるJストリーム導入事例
特殊用途の業務機器メーカーがロボットを使った生産ラインの様子を動画で公開。かなり専門性の高い内容にも関わらず、海外からのアクセスも含めて短期間で1万回以上の再生数を達成しました。

導入の決め手は低コストで必要な機能が備わっていたことでした。

■情報機器メーカーによるJストリーム導入事例
テレビCM店頭用販促映像を自社サイトで公開することが目的で動画配信システムを導入。以前はYouTubeを利用していたのですが、自社サイトへの流入は一定の効果があったものの、離脱率が高いことが課題でした。

そこでJストリームのサービスを導入、関連ページリンク機能で自社サイト内への導線を用意して、離脱率減少に成功しました。

Jストリームの公式サイトを確認する

動画配信システムを提供するJストリームの企業概要

  • 会社名/株式会社Jストリーム
  • 所在地/東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6F
  • 設立/1997年5月
 
ビジネス向け動画配信システムHowtoガイド